駄目サラリーマン 新着記事

?
  • 「平均値の男」論。

    日々の健康について語りたい。毎日なにか気付いたことを書こうとすれば、身の回りの出来事に題材を求めるのがもっとも手軽です。ところが体調不良が続いているため、ただ…

    神田 晃

    (若手映像作家)DANDYの 『三十路だヨ!全員集合』

  • 今日は大して忙しくない。

    こあら

    ダメダメサラリーマンうつ病闘病記

  • 出勤前に癒される。

    こあら

    ダメダメサラリーマンうつ病闘病記

  • 【コンビニ】ファミマ限定ランチパック!ミルキー・ハバネロ・ファミマカフェの全3種をまとめレビュー

    こんにちは。sujiemonです ファミマ限定のランチパックが登場しかも三種類が同時に発売です早速、全種類見ていきましょう  ヤマザキ×ファミリーマートランチ…

    sujiemon

    モバイル業界で働く平社員のブログ

  • 01/15のツイートまとめ

    こあら

    ダメダメサラリーマンうつ病闘病記

  • 「人が行き交う救急ロビー」論。

    治っていく人々について語りたい。総合病院の夜間救急医療を受診しました。ずっと長引いていた風邪が治まったかと思いきや、体温が跳ね上がり、胃が激しく痛み出したので…

    神田 晃

    (若手映像作家)DANDYの 『三十路だヨ!全員集合』

  • 【ライフスタイル】オンリーワンすら目指す必要はない!

    諸君! オンリーワンとは、負け犬の方便だ。ナンバーワンになれないから別の路線を目指す。 そして、奇をてらって単なる天邪鬼になる。 普通でよいのだよ。普通で。そんな、毎回、創作多国籍料理とか食べたくないだろ。私は、普通の定食が食べたいのだ。とりあえず、ビールでよい。焼き鳥はたれでよい。ラーメンは小池さんが食べてるやつでよい。 ありきたりの町中華でも、そこにしかない味がある。普通にラーメンとかチャーハンを頼んでもその店ならでわの味わいだ。 オンリーワンは、目指してなるものではない。 諸君に妻子がいるなら普通にオンリーワンの夫であり父ではないか? 普通に生きていても、諸君はそれぞれが生まれた時からオ…

    万ねん少佐

    万ねん少佐の配当日記

  • 【コンビニ】神レベルのうまさ!ファミマ 北海道十勝産小豆使用のあんバターフランス

    こんにちは。sujiemonです つぶあん好きの方に朗報ですファミマから超うまっなパンが登場早速レビューしていきましょう ファミマベーカリーあんバターフランス…

    sujiemon

    モバイル業界で働く平社員のブログ

  • ふと鏡を見ればなんて疲れた顔

    昨年末まで仕事が忙しすぎて嫌になる。 人手不足だし、私自身が複数の仕事を上手くこなせるほど器用ではない。 新しい年が始まっても人手不足は変わらない。 そんなときふと鏡を見ると、凄い酷い顔をしている。 まあ非モテ中年じじいの顔なんて元々見られたもんじゃないけど、さらに酷い顔になっている。 婚活サイトに登録し写真をアップロードしなければならない。しかし、酷い顔で撮影に踏み切れない。 あ〜、仕事、なんとかならないかな? 人手不足なんとかならないのか? 婚活進まない!

    ラッセルワタ

    気ままに生きる/無理をしない生き方

  • 「振り袖から伸びる手」論。

    リベラルな菓子店について語りたい。以前は、“男性用”“女性用”と分けられていた商品であっても、現代の感覚に照らし合わせると性差によるラベリングの必要性を感じな…

    神田 晃

    (若手映像作家)DANDYの 『三十路だヨ!全員集合』

  • 【生業アイデア】外国人が喰いつく変な雑貨屋。

    諸君、案外外国人は、日本のどうでもいいものに喰いつくことがある。 これを利用して、生業ができないだろうか? 私が中学生だった頃、アメリカから英語指導助手が来ていた。ジジイが野良仕事で使っている地下足袋を見て、 「Oh! NINJA shoes!!」 とか勝手に興奮していた。 何かちがっている気はするが、本人はご満悦だ。 こういったものが、安く仕入れられれば、極小ビジネスができないか、という勝手な妄想・・・・。 以上。つづく。

    万ねん少佐

    万ねん少佐の配当日記

  • 【レビュー】ファミマ限定 乳酸菌100億個入りのオナカに優しいホワイトチョコミントドリンク!

    こんにちは。sujiemonです 今回はファミマ限定チョコドリンクミントが香る爽やかな味わいです早速レビューしていきましょう  トーヨービバレッジホワイトチョ…

    sujiemon

    モバイル業界で働く平社員のブログ

  • 婚活写真の撮影予約にスタジオマリオへ行ったけど

    やはり婚活写真は写真館等で撮影し、真剣さをアピールしなければならないらしい。 しょうがないので、近くのスタジオマリオへ撮影予約に行った。 店内のスタジオでは、晴着を着た若い女性が撮影をしていた。 しまった。成人式で撮影の需要がマックスな時期だ。 しかも撮影スタッフはみんな女性だ。 忙しくて働いている女性のスタッフ達に、薄毛中年じじいが婚活写真の撮影予約にきましたと言い出せなかった。 この中年じじいが婚活写真?と思われるのが嫌だった。 結局、人からどう思われるか気になって何もできないのは変わらない。 やはり、手持ちの一眼で自撮りすることに決めた。リモコンもあるし。撮り直しもできるし。 後は、婚活…

    ラッセルワタ

    気ままに生きる/無理をしない生き方